夫と離婚前提の別居を考えている女性が別居する前にしておくべき4つの準備

nend

※2015年6月17日の記事をリライトしました。

ランキング参加中です☆

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ



スポンサーリンク

始めに

こちらのブログを初めてもう数か月経ちますが、検索サイトよりこちらにいらっしゃる訪問者の方の検索キーワードとして圧倒的に多いのが、『別居』というキーワードだったりします。

もちろんそのキーワードからは訪問者さんが何を求めているかということは分かりません。

夫と別居したいということかもしれませんし、別居を題材にしたブログを読みたいのかもしれません。

また、親が別居になってどうしようということかもしれませんし、別居にて得られる効果を知りたいのかもしれません。  

私自身はやはり夫と別居を始める前に心の準備としてヤフー検索で『別居 ブログ』というキーワードでその内容のブログを読み漁ったり、ブログ村の別居カテゴリのブログを読み漁ったりした記憶があります。

別居してつらいという内容のブログには非常に同情できましたし、別居するためにこうすればいいという内容のブログからはそのノウハウを学んだものです。  

そんな中、少しでも『夫と離婚前提の別居を考えている、または予定している』方に参考になればと思い、私自身が経験した夫と離婚前提の別居を考えている女性(子供がいる場合)が別居をする前にしておくべき準備について今日は考えてみようと思います。  

 1.収入源を確保しておく

これ、とても大事です。

仕事をしていて自分自身のために使えるお金がある女性は良いと思うのですが、専業主婦の女性である場合、夫の収入で生計を立てているわけですので、夫がその別居理由に同意できなければ、家計管理を夫が行っている場合はお金をくれないという事象も発生する可能性があります。  

なので、専業主婦の方の場合(仕事をしていても夫が家計管理などを行っている場合も含む)は、

・独身時代の自分の貯金を使わずに取っておいて別居時の生活費にする

・家計管理を常日頃自分が行うようにしておいて家庭の貯蓄状況などを把握しておき、可能な限り自分名義と夫名義の口座に分けて入金しておくようにする

(例えば、老後用の貯蓄→夫名義、積立用の貯蓄→妻名義など、とにかく自分が手元にすぐ下せる状態を作っておく) 養育費・婚姻費用算定表(PDFが開きます) ←こちらに別居した場合の子供の養育費や生活費算定表が載っておりますので参考にしてみてください。

などの方法があるかと思います。

夫に家計管理をされていて独身時代の貯金もないって方は、別居を焦らずに、まず自分自身でお金を稼げる仕組みを作りましょう。

自宅で子供を見ながらできるお小遣い稼ぎをする(ネットで検索してみてください)

 → ストレス発散しながら、お小遣い稼ごう!

 → 断捨離するなら、 宅配買取ブランディア

自分の実家に相談する

夫が原因で実家に戻りたいとなれば歓迎してくれる親・援助してくれる親もいるはずです。親に甘えることは良いこととは言えませんが、感謝の気持ちを忘れずに甘えるべき時は甘えましょう。あなたと子供が生きてくためですから。

残念ながら、自治体(市役所)などはあてになりません。

信じるなとは言いませんが、良い結果が返ってくることはあまりないと思います。

何故なら『貴方と夫がただの別居状態になる予定であり離婚していないから』です。

私の友人は夫と別居をしており、児童手当の振込先も夫の口座になっています。

別居することになったのでそれを自分名義の口座に替えたいと申し出たところ、名義変更は離婚しないとできないと言われたそうです。

これは極端な例になりますが、自治体にあーだこーだ言われて悶々しているくらいなら自分で何とかしましょう。

幸いなことに今はネットでレポートを書けば報酬がもらえるとかそういうサイトもあるのでうまく利用すれば報酬を得ることはできます。

ちなみに、私自身は別居の話が出てから別居に至るまで2日間というとても短い期間だったので、とりあえず別居が始まってからお金のことを決めた感じです。

ただ、これは私が家計管理+通帳管理を行っていたからできたことであって、夫が家計管理をしていたらきっともっと大変なことになっていたと思います。  

そして別居して1年1か月経った今でも私が夫の給料口座管理をしていて定額振り込む体制をとっています。

こまごまと書いてみましたが、とにかく有事の際に手元にお金がすぐに入る仕組みを作っておくということです。

お金がなきゃ人間は生きていけないのです。  

夫からは、「離婚が決まったし自分の必要分だけ差し引いて全額振り込むからキャッシュカード返せ。」という連絡が来たこともありましたが、「離婚までは義母に私が家計管理をしろと言われました。」と即却下しました。

貴方が別居を考えたのは何かしら夫に対して信じられない部分があるから、そうだとは思いませんか?

毎月何日にいくら振り込むっていう口約束をしたとしても仕事の都合でできなかったと言われればそれまでですし、果たして夫がきちんと振り込んでくれると信じられるような人間なら別居という考えになる前に思いとどまると思うのです。

それなら夫を信じるのではなく、自分を信じた方が良いと思うのです。

だってお金がないと子供が路頭に迷うことになります。

上記で私が述べたことが正しいとは言いませんが、生きるために何が必要か、その判断は間違えないでください。  

2.色々なものの名義がどうなっているのか再度確認しておく

これは人によってです。

基本的に名義が夫である場合は夫に権利があります。名義が妻である場合は妻に権利があります。

その中で、理由がない限りは名義を変えるには手間がかかることが多いです。名義変更ができないものもあります。

自分の生命保険、子供の児童手当の名義、生活費の引き落とし口座の名義、誰になってますか?

・生命保険

私は、ある程度時期が経ってからですが、離婚前提の別居になりましたので、契約していた自分名義生命保険を解約しました。

なぜかっていうと、生命保険の契約会社は夫の職場で、受取人が夫になっていたからです。

離婚となる以上、親権→私、私に何かあった時の親権者→私の父親、夫→養育費を私に支払うという図式は確定しましたので、私名義で夫が受取人になる生命保険の口座はほとんど解約しました。

長女の学資保険のみまだ解約はしていないのですが、離婚時に受取人を夫→私の父親に変更する予定です。

父親としての夫を信じておりませんので、何かあった時に保険金が夫に行くのはよろしくありませんので。

そして、私名義で受取人を私の父親にして再度生命保険に新規加入しました。

保険料を「グッと」安くする【無料】保険相談こちらから【保険マンモス】

FPさんに事情を話し、シングルマザーになることを伝えて保険相談に乗ってもらいましたので、15,000円/月払っていた保険料→保障はアップして6,000円/月の保険料になりました。

・子供の児童手当の名義

児童手当というものは、基本的に一度決めた名義人の口座に振り込まれることになり、何か特別な事情がない限りその名義人を別居などの理由で変更することはできません

ただし、名義人を変えなければ口座を変更することはできます。

極端な話、夫名義の別口座へ変更する届け出を出すことができれば変更はできます。

この辺は自治体によって差があるところなので、自分の居住地区の自治体がどのような体制をとっているのか、先に確認して調べておくのが良いかもしれません。  

私自身は、たまたま夫が退職することになり子供の扶養を夫→私に変更することになったので児童手当の名義を変更することができました。

→関連記事:離婚前提別居中の夫の退職に伴い、児童手当の名義を妻に変更する方法を市役所に確認してみた結果。

→関連記事:別居中の夫の退職に伴い、児童手当の名義を夫から妻に変更してみた。

・通帳の名義

夫と生活している以上、通帳の名義は夫であるという人も多いと思うのですが、私は夫が分からないように隠し口座を作りました。

楽天銀行

なんでかというと、生命保険を解約したりして得た解約金を夫の知っている私の銀行口座に置いておきたくなかったからです。

楽天銀行は通帳もなく、カードだけの取引になるので使い勝手が良かったので選びました。

3.離婚について法律的なことをよく下調べしておく

・財産分与 ・親権 ・慰謝料 ・子供の養育費、面会など について事前に下調べをしておきましょう。

また、 ・浮気など相手に原因がある場合はその証拠を記録しておく(日記をつける、写真をとる) などを行っておきましょう。

私は、相手に言われたことや怪しいと思った行動などをすべてこのブログの以前に運営していたブログに記録していました。

専門家(弁護士・行政書士など)に相談するかはまた別の話になりますが、いざ何かがあって相談するってなった時に証拠があるのとないのでは全く違いますからね。

逆に言えば、証拠がなければ話にならないのです。

まだ相手に対して気持ちがあってまさか・・・と思って記録したくない気持ちも十分わかります。

好きで結婚した相手ですからね。

でも、好きで結婚した相手が怪しい行動をとっているという事実に気づいてしまった時点で、黒である可能性は高いのです。

書くだけ書いてみなくても良いわけですから、記録だけは残しておくことを強くお勧めします。 

4.覚悟を決める

ちなみに、私はまだ離婚はしておりませんが正直色々と面倒くさいです(笑)。

うちの場合は私の家に夫が婿入りしている立場であって家などを新築したわけでもなく、車を購入したわけでもありませんので、幸いなことに夫の荷物を夫に返せば別居は成り立ちました。

そして親権の問題も、夫の親は不満があるようですが夫自体が親権は私に渡して自分は養育費を払うというつもりでいるようなのでおそらくさほどもめないと思います。

そんな私がなんで面倒くさいかと思うと、手続き上の問題よりも自分の周囲にいる人間との関わりがとても面倒なものになるのです。

・幸せそうな友人に嫉妬してしまう

私、子供を最低でも二人欲しかったんです。新築の夢もありました。ファミリーカーに乗って家族旅行も夢でした。

それが叶えられなくなってしまった時、やはりそのようなことを実現している友人に対して嫉妬してしまう自分もいます。

人間なんでね。仕方ありません。

なので自分が大丈夫と思えるまで、意識的に距離をおくことも大事だと思います。  

・夫との共通の知り合いに気を使われる

夫は私たちが住んでいた地区の活動をしており、その活動に参加されている方々の子供がうちの長女の同級生とかっていうこともよくあります。

で、別居が原因で地区の活動を抜けたので私の今の立場は、『婿さんに出て行かれた女』的な存在になってます(笑)。

気を使っていただいているかはわかりませんが、皆私の前で夫の話題を一切振ってきません(笑)。

そんな気まずさにも耐えなければなりません。  

とにかく、精神的な面倒くさいことがたくさんあるのです。それを乗り越えなければいけません。

まだ別居状態でこんなんですから、おそらく離婚したらその面倒くさいことはもっと増大していくかと思われます(笑)。

それに耐えぬいて笑い飛ばす力をつけないとシングルマザーなんてやっていられないと思うんです。

母は強し。

でもシングルマザーはもっともっと強くなってスーパーサイヤ人クラスにならないとだめだと思うんです(言い過ぎ?w) その覚悟はありますか??  

最後に

私が思う、別居前に最低限しておくべき準備を書き連ねてみました。

これらが正しいかどうかは人の性格や状況により変わると思うんですが、私がただ言えるのは、 離婚はできるならばしなければ良いほうがいいということ です。

ただ、それはあくまでもあなたが子供と配偶者と幸せな家庭を作っていけると思える存在である場合です。

妻に暴力をふるって子供を怯えさせる男とあなたは幸せな家庭を作れると思いますか?

好きな人を外に作ってそれがあたかも当たり前であるような態度をとり、それを子供に見せるような男とあなたは幸せな家庭を作れると思いますか?  

私は、自分の別居が始まって両親に事情を伝えた時に父親にこう言われました。  

『自分と子供が一番幸せになれると思う決断をしなさい。』  

この夫とずっと一緒にいて、私と子供は幸せになれるだろうか。

それをずっと考えた時に私の結論はNOでした。

好きな人が出来たから別れてくれ、自分は結婚には向いてないという、自分の身の回りのものさえも自分の母親に取りに来させるような人間と幸せになれると思うことはできませんでした。

子供にとってはどうなのかはわかりません。

でも、自分の子供が夫のような思想を持つ人間に成長してしまうのが嫌でした。

唯一の親なんだからと世間ではよく言いますが、私はこう思うのです。

クズ親は存在します。

切らなければならない縁もあると思っています。  

自分がどう行動するべきか、今一度じっくり考えてそれでも離婚前提の別居をしようという結論に至った時はスーパーサイヤ人なみの母ちゃんになる覚悟を決めて前を向きましょう!

今より幸せな未来があること、それを願って。  

スポンサーリンク
そんな私のお勧め☆
そんな私のお勧めです☆↓↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 迷いママ より:

    はじめまして。私は45歳のパートタイムで働く主婦です。主人は49歳の自営業をしています。6年くらい前から主人は生活費を入れてくれません・・主人の仕事も手伝いとフルタイムでの勤務とで毎日疲れ果てていました。子供との時間もなく自分の時間もなく怒りがマックスになり去年の暮れに主人の仕事を手伝わないと断言してから主人の態度がより冷たくなり家庭内が最悪です。以前から子供の態度がおかしくて・・・いろいろ問題を起こして学校に行ったりと・・・どうしていいかわかりません。離婚した方がいいか迷っています。

  2. 氷結ママ より:

    >迷いママ様

    コメントありがとうございました。改めまして、氷結ママと申します。このブログの管理人です。

    まず、離婚した方がいいかどうかについてですがこの点については私から申し上げることはないというのが本音のところです。
    離婚した方が良い!とも言えませんし、離婚しないで考え直して!とも言えないです・・・。

    私自身は、自分と子供が幸せでいられる結果を自分なりに考えた結果離婚という結論に至りました。家庭内冷戦の状態は自分も親の不仲で経験しましたが、正直なところ子供としては『離婚しちゃえばいいのに・・・』と思っていたことも事実です。(もちろん当時は学費とかの関係を理解していなかったから思ったことかもしれませんが)

    迷いママさんのお子さんの子供の態度のこと、夫婦問題が原因かどうかはわかりませんが、冷戦状態って子供にすごく影響を与えます。私は、父親をかばえば母親が怒る。普段一緒にいるのは母親だから父親には申し訳ないけど何もしてあげることが出来ない。そう思いながら中学~大学時代を過ごしました。

    母親の機嫌を伺う毎日だったってことですね。
    円形脱毛症にもなりました。心療内科も受診しました。母親は基本的には私に寄り添ってくれましたが、イラついたこともあったようです。それでも私は毎日両親が仲が良かったら・・・と思っていました。

    肝心のお子様はどう思っているのでしょうか?
    問題を起こしているとのことで、ある程度の年齢のお子様かなと感じます。一度きちんとお子様の気持ちを聞く時間+迷いママ様の本音を子供に伝える時間を設けた方が良いのかなと私は思いました。

    たいしてアドバイスが出来ませんが・・・何かしら参考になればと思います。