5月の携帯+スマートフォン代金は1,324円でした。ヘビーユーザーの私がここまで安く運用出来ている理由とは?

nend

おはようございます!

氷結ママ(@hyouketsu_mama)です。

以前の私はスマートフォンだけで1ヶ月1万円を超えた使い方をするような人間でした。

でも、元夫と別居をするようになってからいい加減節約に目覚めないといけないと考えたとき、真っ先に通信費を節約しよう。

そう思いました。

結果、1万円超だった私の携帯+スマートフォン代金は現在1,324円まで減らすことが出来ました。

どうやってここまで減らしたか?

それをお伝えしようと思います。

ランキング参加中です☆

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ



スポンサーリンク

ガラケーとスマートフォンの2台持ち

私はガラケーとスマートフォンの2台持ちをしています。

なぜかというと、別々に持った方がかかる費用が全然安くなるから。

それだけです。

普段私の通話相手は9割方自分の親です。

友人とはLINE電話で話したりしているのでそこまで通話はしません。

両親はdocomoですから、私も家族通話を無料にするためにdocomoのキャリアを持ち続けなければいけません。

結果、使っていたスマートフォンにはいっていたdocomoSIMカードを新しく購入したガラケーに挿入し、そのままドコモショップにてパケホーダイ・SPモードメールなどを解約し、通話専用としました。

図に表すとこんな感じ。

<変更前>

Xperia Z1SO-01F →通話・SPモードメール・パケホーダイ等でトータル1万超

<変更後>

docomo ガラケー→ 通話専用 月804円

Xperia Z1SO-01F→ データ通信専用 月520円 (DMM mobile データSIMプラン 1GB) 

はい、1,324円で運用が出来るようになりました。

自宅の通信環境と何GBの契約をしているか確認しよう!

私、職場で比較的年齢が若いこともあって(一番年下です)、しかもスマートフォンとか大好きなのでよく通信費のこととかスマートフォンの使い方とかの相談を受けるんですよ。

皆相手は親世代の方々なんですが。

で、相談を受けていてたいてい思うのが、

  1. ショップの人間に対して疑いを持っていない
  2. 自宅の通信環境を分かっていなくて無駄な出費をしている
  3. 自分がどのくらいデータ通信をしているのか分かっていない

ってことですね。

全部該当する強者もいれば一つだけ該当しているとかそんな人もいます。

まず1番についてですが、ショップの人間の言うことを信じるなとは言いませんが、必ずしも100%当たっているかといったらそうではないわけです。

実際、私のガラケーに刺さっているdocomoSIMはXi契約なんですが、ガラケーに挿入するならばFOMA契約に変えないといけないってショップで言われましたからね。

そんなことは全然なくて、ガラケーでもXi契約のまま使うことが出来るんですよ。(事前調査済)

知識がなければ、私はXi→Fomaに契約を変えなければいけなかったため、当時3,150円の事務手数料を払うことになっていたわけです。

次、2番。

自宅で光回線などの通信環境がある場合、wifiにてスマートフォンをネット接続すれば、SIMによるデータ通信っていうのはいらないわけです。

私の月々の料金が1,324円で済んでいるのもこの通信環境が自宅にあるからです。

そのことを知らず、もしくは設定の仕方が分からずに無駄なLTEデータ通信代金を払っている人が私の職場には結構多くて驚きました。

光回線などの環境がある方、家では可能であればwifiで接続するようにしましょう。それだけで通信量はがくんと落ちるはずですよ。

最後、3番です。

以前はdocomoなどでは契約ギガ数を選ぶことが出来ませんでしたが今はそれを選ぶことが出来るようになったようですね。(自分は使っていないのでそちらに関しては分からない)

それでももちろん高いのに変わりはないのですが・・・。

そこで大切なのは自分がどれくらいの量のデータ通信を行っているかを知るということです。

例えば、メール、LINE程度しかやらない人間が8GBのプランを契約する必要はないわけです。7GB余ったらただのお金の無駄遣いですね(笑)。

私もその辺は気になっていて、自分がどれくらいのLTE通信を月々行っているかを3ヶ月分くらい調べました。

docomoだったら、設定→データ使用→モバイルデータ通信 で大体の通信量を確認することが出来ます。(もちろん、docomoのマイページでも確認出来ます)

その数字とよーくにらめっこをして、自分にはどれくらいのプランが合っているのか。確かめることが大事だと思います。

私は家でのwifi接続が主だったので実際にLTE通信を使うのは外出時だけになります。

その結果、1GBあれば全然事足りることが分かったのでDMM mobile データSIMプラン 1GBを契約しました。

音楽聴きませんし、動画もあまり見ないですからねー。

家でならやりますが。

なんといっても520円ですからね。安い!

自分に必要な分だけを使う身の丈に合わせるということですね。

この運用方法で全く不便はないです。

通話料は楽天でんわで!

さて、上に私はガラケーをXi契約していると書きましたが、上記にあげた1,324円の中に通話料は入っていません

もちろん通話してないわけじゃないです。

両親との通話は無料で出来ますので問題ないとして、外部の人間との電話です。

Xi契約の通話料って30秒20円ととても高いんですよね。

FOMAプランで無料通話があった時代には考えられなかったことです。

で、カケホーダイプランも考えましたがdocomoのカケホーダイってライトプランでも1,700するんですよ。

そして通話のみでもガラケー(FOMA契約)なら2,200円、スマートフォン(Xi契約)なら2,700円と。

・・・そんなに電話しないですよー(笑)。

なんとかプランの変更はせずに通話料を抑える方法がないか考えました。

そしたらありましたー!

楽天でんわです。

基本料金等がなく、使った分だけの請求。そして30秒10円という通常の半額ですね。

これを利用しています。

おかげで元々通話しない私の通話料は1ヶ月50円とかよくあります(笑)。

でもそれでもdocomoで1,000円分通話する人にとっては500円も安くなるわけですからね。塵も積もれば大きいんですよ-。

これらの方法で私が通信料に悩むことはほぼなくなりました。

まとめ

久しぶりに通信費のことを書いてみました。

固定費を下げるのってそんなに難しいことじゃありません。

ただ身の丈に合ったプランを見つければ、自然と出費は少なくなるのではないかと思います。

その辺をよく考えて、家計管理に精を出していきたいモノですね。

きょうもお読み頂きありございました。

スポンサーリンク
そんな私のお勧め☆
そんな私のお勧めです☆↓↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする