子供の扶養を夫→妻へ変更するとき、社会保険→社会保険への切り替えでも忘れてはいけない手続きがあった

nend

おはようございます。氷結ママ(@hyouketsu_mama)です。

10月は土日に個人的な予定が多く、平日に休みが少ないため週途中の水曜日、早くも息切れ気味でございます。

結婚式だの仕事の面接だの、出費がかさむ10月でございます。

ランキング参加中です☆

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ



スポンサーリンク

子供の扶養を夫→妻へ変更するとき、双方社会保険であっても忘れてはいけない手続きがあった

76bb863a1ef4ef689366c636ec0b7214_s

先日、別居中・離婚前提の夫が退職しました。

→ 離婚前提別居中の夫が仕事を辞めるらしい。私が行うべき手続きは?

まだ夫の職場からの『健康保険資格喪失証明書』が届いておらず、10月7日現在まだカエデさんを私の扶養に入れる手続きは出来ておりません。

夫曰く発行に10日前後かかるとのこと。

それが届き次第、私の職場に手続きを取りカエデさんは私の扶養に入ることになります。

他に児童手当を変更したりなんだりしていたんですが、それらの手続きの最中に一つ忘れている手続きがあることに気づきました。

医療費助成証の手続き

夫→社保

私→社保

なのでカエデさんの扶養が夫であろうが私であろうが管轄の市役所は関係ないと思っていたんです。

私は、医療費助成という制度の存在を忘れていたんですね。

私が住んでいる茨城県には、マル福という制度があります。

→ http://www.pref.ibaraki.jp/hokenfukushi/koso/fukushi/koso/guide/guide03.html

乳幼児や子供、母子家庭、父子家庭他などに対してかかる医療費を助成しますよーっていう制度ですね。

所得制限はあるようですが、よっぽどの高所得世帯ではない限りはマル福対象となっているようです。

カエデさんも例に漏れるわけではなく、こちらの医療費助成制度を受けておりますので通常病院にかかっても600円の負担のみで診療していただいています。

子供の扶養を夫→妻へ変更するとき、双方社会保険でもこちらの医療費助成制度を利用している場合は管轄役所の担当課にてこちらを変更する必要があります!

この医療費助成受給証書を見ていただければわかると思うんですが、子供が夫の扶養に入っている場合は健康保険証が子供の名義であっても記号番号は夫側の健康保険組合の被扶養者番号になっているのです。

市役所にて変更をしないとどうなるか?

子供が新しく妻側の健康保険の扶養に入ったとしても市役所にて医療費助成受給証書の変更を行わないと、病院に行ったときに医療事務の人が医療費助成受給証書を確認したら新たな健康保険証の番号と受給証の番号が違うので医療費助成を受けることができない可能性があります。

つまり、600円の負担で本来診察してもらえるところを通常通り2割負担、もしくは3割負担の金額で払わなければいけなくなってしまうわけです。

証書一つ見せるだけで負担する金額が変わるのならばもちろん安いほうを選びたいですよね。

市役所での手続き方法

簡単です。

医療費助成受給証書を発行してもらった市役所の担当課窓口へ電話し、

『子供の扶養が夫→妻へ変更になったので、医療費助成受給証書の変更をしたい。』

と一言言えばいいわけです。

そうすると、担当者が何を持って来れば良いのかの指示をくれますので言われたものを持って市役所に行き、手続きを取れば良いわけです。

必要なものは自治体によって変わる可能性がありますので、必ず電話で確認してからの方が良いと思います。

まとめ

子供の扶養を夫の社会保険→妻の社会保険に変更するときの意外な盲点についてまとめてみました。

今現在まだ書類が来ていないのでカエデさんの保険証ができていないのですが、保険証ができ次第すぐにでも市役所に手続きに行こうと考えています。

同じような状況の皆さま、医療費の負担金額が大きいととても大変になります。

保険証が変わった場合、すぐ手続きをするようにしましょう!

今日もお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
そんな私のお勧め☆
そんな私のお勧めです☆↓↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする