153円のセスキ炭酸ソーダ(アルカリウォッシュ)を掃除に使ってみた結果がすごかった-染み抜き編-

nend

掃除が嫌い

掃除は大変です。

少なくとも、私は好きじゃありません(笑)。

あ、こんなんでも一応主婦なんですけどね。

自分名義の一軒家があるわけではないんですけれども、結婚した時に自宅の物置を改築してもらい住んでおります。で、一応一国の主である以上掃除はしないといけないのですが、冒頭でも申しました通り私は掃除が好きじゃありません。

そんな中、職場にて話題をさらったお掃除商品があります。

それがこちらです。 

セスキ炭酸ソーダ(別名アルカリウォッシュ)

セスキ炭酸ソーダとは?

セスキ炭酸ソーダとはいったい何なのか?

こちらの石鹸百科に答えがあります。

簡単に言えば、万能に使える粉ってことですかね?

一時重層がものすごく話題になりましたが、個人的には重層より使えると思いました。えぇ。実体験です。

セスキ炭酸ソーダの口コミ

私がこの商品を知ったのはテレビとかではなく職場の人からでした。

私の上司にあたる人なんですが、田舎なのでお盆を前に掃除をするのにこのセスキ炭酸ソーダが掃除にとても役立つ。でもテレビで話題になったためどこを探しても売っていない。そう言っていたのです。

そして一緒にいた同僚さんもやはりセスキ炭酸ソーダの存在を知っていて、これはすごい!と思わず自分の手帳に名称をメモしていたようでそのメモをしっかりと見せてくれました(笑)。

同じ事務所に勤務する4人のうち2人がその存在を知っていて興味があるってことはそこそこ良いものなのだろう。と思いました。

早速セスキ炭酸ソーダ(アルカリウォッシュ)を買ってみる

基本的に生活に役立つものは安価であれば進んで取り入れようと思っている私。

近所のウエルシアに行った時に私はセスキ炭酸ソーダを探しました。

そしたら私の住んでいる場所は余計に田舎だったせいか(笑)、見事にセスキ炭酸ソーダはありました。

その場で上司と同僚さんに電話ですよね。

『セスキ炭酸ソーダ、見つけて価格は〇○ですけど良かったら買いますかー?』

って。

もちろん二人とも買ってくれという返答。

私は自分の分も合わせて3つ購入し、早速使用してみるのです。

ちなみに私が購入したものは一番安価だったこれです。

さぁセスキ炭酸ソーダを使ってみよう!

早速裏面確認。

セスキ炭酸ソーダ使用方法

なるほど。水で薄めればいいんだな??

そう思った私。

一番最初に何をどうしようか?悩んだ結果使ってみたのはこれでした。

枕・ベッドマットレスの染み抜き

人間から汗や血が出るのはしかたないことなんです。

でもやっぱり衛生的に良くないですよね。

カエデさん、まだ3歳ですからおねしょもしますし鼻血も出します。寝汗もかきます。

ベッドマットレスや枕はシーツやパッドを変えていてもやはりシミになってしまうこともあるわけです。

今回はそれらを対象に染み抜きしてみることにしました。

まず枕。

染み抜き前はこちら。

染み抜き前枕

染み抜き前はこちら

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

言い訳はしないですがとてもきれいとは言えないですよね^^;

ここまで放置するなって感じですが・・・。

これらを洗濯機で洗濯してみることに。

条件として、洗濯機の中に水30Lを貯め、そこへセスキ炭酸ソーダ大さじ2杯を溶かして枕を30分程度つけ置きし、その後通常通り洗剤と柔軟剤を入れて洗濯してみました。

ちなみに枕は本来は洗濯禁止のものでしたがニトリで買った安物ですしだめだったら買いかえればいいやくらいの気持ちで実行しましたので枕に愛着がある方は決してお勧めしません。 

で、結果がこちら↓↓

染み抜き後

染み抜き後

血は落ちませんでした。

でも、もう1個の枕の方見てみてください!ものすごくきれいにシミが落ちてると思いませんか?

これ、全く同じものです。撮影の方向も一緒。嘘ついてません。

こんなにきれいになりました!

次にマットレスです。

染み抜き前

染み抜き前マットレス

今回は範囲が広いため手前側のマットレスの下側の四角二つ分だけ染み抜きしてみました。

方法としては、水500mlに5gのセスキ炭酸ソーダをとかし、スプレーボトルに入れて重点的にスプレー→5分後キッチンペーパーでシミの部分を根気よくとんとんと叩いてみました。

その結果↓↓

染み抜き後

下側の四角二つをやってみましたが、染み抜き前に比べてとてもきれいになっているのが分かります。

ちなみにこの作業で使ったキッチンペーパーの汚れがこちら↓↓

汚れたキッチンペーパー

見た目はよくないですが、白い部分と染みを抜いた部分の色が全然違うのが分かると思います。

カエデさんが生まれてから3年8か月経ち、おねしょや汗染み、鼻血など数々の汚す行為がありましたが年季の入った染みでもこうやって綺麗に取ることが出来ます。

ちなみに鼻血なんかは当日出したものだったらすぐ染み抜きをやれば全く分からないほど綺麗になりましたね。

まとめ

今回はベッドのマットレスと枕のみで染み抜き掃除を行ってみましたがとてもよく染み抜きすることが出来ました。セスキ炭酸ソーダ、思ったより使えます。

洗濯層の掃除なんかにも使えるみたいです。後レンジやグリルの油汚れや換気扇なんかにも良いみたいですね。

普段の選択に染み抜き材として入れてもOKだそうで。

重層が万能だと思っていましたがそれ以上にセスキ炭酸ソーダが優秀でした。

掃除嫌いな私ですがまずまずの結果です。良ければぜひぜひお試ししてくださいな^^

また、セスキ炭酸ソーダだけでなく、ブルースティックという洗剤も万能でした!

こちらは主に泥汚れなどに効果がありますね。

→関連記事:子供服の泥汚れに『ブルースティック』がお勧め!本当に真っ白になりました。

良ければこちらも参考にしてみてください!